2018/05/05 06:00

松本穂香、松坂桃李、岡田惠和…連ドラ『この世界の片隅に』は“日曜劇場版朝ドラ”

『この世界の片隅に』TBS7月期「日曜劇場」で連続ドラマ化(左から)松本穂香、松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.
 2016年11月にアニメーション映画も公開されヒットを記録したこうの史代氏の漫画『この世界の片隅に』が、TBS7月期の「日曜劇場」で連続ドラマ化されることが3日、わかった。ヒロインのすず役には、3000人のオーディションを勝ち抜いた松本穂香(21)を抜てきし、すずの夫・北條周作は松坂桃李(29)が演じる。『ひよっこ』と『わろてんか』という、直近のNHK連続テレビ小説に出演していた役者同士による“夫婦共演”は話題を呼びそうだが、同時に発表された共演者・脚本まで広げてみると、朝ドラとのさらなる重なりが見られた。

【写真】朝ドラとのシンクロ率が高い!連ドラ版『この世界の片隅に』の出演者

 まずは、今作の脚本を手がける岡田惠和氏は『ひよっこ』を手がけ、ドラマ版のオリジナルキャラクターである北條家の隣に住む刈谷幸子を演じる伊藤沙莉も同作に出演。すずの妹・すみを演じる久保田紗友と、夫が出征中の主婦・堂本志野を演じる土村芳は『ひよっこ』の前に放送されていた『べっぴんさん』に出演。さらに、とある事情で嫁ぎ先から出戻ってきた周作の姉・黒村径子を演じる尾野真千子は、先月9日から再放送が始まった『カーネーション』のヒロイン…といったように、朝ドラとのシンクロ率の高さは注目に値する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >