2018/05/06 21:00

【西郷どん】新ビジュアル完成 二階堂ふみが登場

大河ドラマ『西郷どん』舞台は奄美大島へ。西郷吉之助役の鈴木亮平と愛加那役の二階堂ふみ(C)NHK
 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、13日放送の第18回より、鈴木亮平演じる西郷吉之助(隆盛)は薩摩藩より奄美大島への潜居を命じられ、約3年間過ごすことになる。その島で吉之助が出会うのは、二階堂ふみ演じる島娘・とぅま(愛加那)。この2人が『西郷どん』の新たな顔となる。

【場面写真】第17回より。月照と心中を図る吉之助

 安政の大獄で幕府に追われる身となった京都の僧・月照を守りながら、故郷の薩摩に命からがら逃げ帰った吉之助だったが、藩は月照の保護を拒否。全てに絶望した吉之助は、月照とともに冬の錦江湾に入水、心中を図る。月照は絶命したが、西郷だけは奇跡的に一命を取り留めた。一人だけ生き恥をさらすようなことになった吉之助は、深く悩み、そして苦しむ。

 今後の見どころについて、制作統括の櫻井賢氏は、「エメラルドグリーンの海、亜熱帯の大自然、未知の文化溢れる神秘の島で、“一度死んだ男”は、島娘・とぅま(愛加那)と出会い、“愛を知り”生きる喜びに目覚めていきます。同じころ、“桜田門外の変”が起こり、倒幕の狼煙を上げた血気盛んな志士たちは気勢を上げ、天下は揺れ、薩摩は揺れ、人々は“西郷吉之助”を待望します。西郷隆盛がなぜ唯一無二の存在感を放ち、明治維新を成し遂げられたのか…その最大の秘密が島にあります」と、コメント。

 ドラマでは、実際に西郷が過ごした奄美大島、沖永良部で壮大なロケーションを敢行。新ビジュアルは、そのロケの合間に奄美在住の土屋尚幸カメラマン(L.S.W.F)が撮影した吉之助と愛加那の2なショット。愛する人と神秘の島に立つ男のまなざしの向こうに、新たな時代の幕開けを感じさせるビジュアルとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >