2018/05/07 06:00

元木大介、“チャンスに強い男”健在 中学生投手相手に快音

『ビートたけしのスポーツ大将2時間SP』の「野球対決」で活躍した元巨人の元木大介(中央)(C)テレビ朝日
 6日にテレビ朝日系で放送された『ビートたけしのスポーツ大将2時間SP』の「野球対決」で、元巨人の元木大介が、現役時代、バット1本で切り抜けてきたチャンスに強い男の面目躍如の活躍を見せた。

【写真】5月6日放送「野球対決」参加者

 「野球対決」は、中学生ピッチャーが、トーマス・オマリー(元阪神・ヤクルト)、古田敦也(元ヤクルト)、桧山進次郎(元阪神)、仁志敏久(元巨人)、松中信彦(元ソフトバンク)ら9人の元プロ野球強打者“レジェンドナイン”と対戦。9人を連続してアウトにできるか、という勝負。

 マウンドに上ったのは、鹿児島No.1ピッチャーの呼び声高い中学3年生・乗田元気くん。古田、仁志、オマリーら7人を連続して抑え、迎えた8人目。バッターボックスに立った元木は、見事レフト前ヒットを放ち、存在感をきっちりとアピールした。

 元木は『スポーツ大将』2度目の参戦で、前回は2月4日放送の「野球対決」に、松田宣浩(ソフトバンク)、西川遥輝(日本ハム)の現役選手2人と参戦。中学生最強ピッチャーを相手に今一つだった現役2人に対して、きっちりとプロの意地を見せつけ“くせ者”ぶりを発揮した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >