2018/05/09 20:40

『ジャンプ』編集長、子ども層の開拓に苦戦も「世界中の人が知るキャラ作りが大事」

『週刊少年ジャンプ』の未来を語る中野博之編集長 (C)ORICON NewS inc.
 集英社の少年ジャンプ編集部が9日、都内で同編集部が配信するWEBサービスについて語るトークイベント「ジャンプのミライ2018」を開催。雑誌とアプリの編集長や担当者が、『週刊少年ジャンプ』のこれまでの歴史や今後の未来について語った。

【写真】ジャンプの前編集長の瓶子吉久氏も参加したイベントの模様

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』担当の籾山悠太氏が「かつて、少年ジャンプが新人作家と出会う方法は、持ち込みの電話と漫画賞への投稿の2本だけ。鳥山明さんや尾田栄一郎さんは漫画賞で、富樫義博さんは持ち込みでした」とジャンプの歴史を紹介。

最近の漫画事情として、読み手と書き手の環境変化を挙げ「時代が変化しWEB上で面白い漫画を公開している作家が増えて、WEBで公開すればジャンプに掲載されるよりたくさんの人に読んでもらえることができる時代になった。新人作家と出会える機会が減るかもしれない。雑誌を核にした人気漫画を生み出し続けるサイクルが崩れるかもしれない」という時代の変化を指摘。新人獲得手段の3本目の柱として、2014年に始めたWEB上で漫画を投稿して公開できるサービス『少年ジャンプルーキー!』をリリースしたことを説明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >