2018/05/10 08:40

木梨憲武に筋書なんていらない、“予定調和を破壊”するタレントとしての凄み

番組・イベントの出演の様子が話題になった、とんねるず・木梨憲武 撮影/RYUGO SAITO (C)oricon ME inc.
 とんねるず・木梨憲武が、バラエティーやイベント出演で暴れまわっている。場の空気を完全無視、共演者に言いたい放題&やりたい放題、さらにはスタジオに一般人を同伴…。その多くが主演映画の宣伝での出演だったが、そんなことはお構いなしと言わんばかりに自由奔放な姿を見せ、日々のネットニュースを騒がせた。その姿は、久しく見なかった若手時代のとんねるずのよう。芸人が誰よりも空気を読むこの時代、木梨にしかできない爪痕を残していく様に、タレントとしての“凄み”が感じられる。

【貴重写真】若き日の木梨憲武、名物キャラ「飛ぶぞ!」のノリユキ

■“ジジイ150人”を招集!“その場のノリ”が結果として愛される稀有な存在

 今年の春は木梨の暴れっぷりが各所で見られた。5月1日、都内で公開中の主演映画『いぬやしき』の60歳以上男性限定のイベント「『いぬやしき』ジジイ選抜上映会 in ギロッポン(ルービー付き)」が行われ、木梨憲武が観客の“ジジイ”約150人と交流。同イベントは、以前に高校生を集めた試写会イベントを行った際に木梨が発した「高校生やるならジジイも集めようよ」というコメントが発端で実現し、完全なる“その場のノリ”の提案で六本木にジジイ150人が集結する運びになった。5月5日は都内の映画館に登場。木梨がまさかのLINE LIVEに初降臨というゲリラ的な生配信を行ったが、その中で共演者の佐藤健や本郷奏多、さらには映画に全く関係のない笑福亭鶴瓶やLiLiCoに次々と生電話。「結婚、おめでとう!」とLiLiCoの旦那の近況を聞く様子に、「これ何の番組?」と思わずツッコミたくなってしまう展開に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >