2018/05/10 06:00

宮迫博之、ドラマで波瑠と“恋愛”設定「ホンマに大丈夫なんか?」

テレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話(5月17日放送)に宮迫博之がメインゲストとして登場(C)テレビ朝日
 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、テレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の第5話(17日放送)にメインゲストとして出演。女優・波瑠が演じる刑事との恋愛フラグ設定に「その設定、ホンマに大丈夫なんか?」と戦々恐々としている。

【場面写真】敏腕医師を演じる宮迫博之

 同ドラマは、肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚のミステリー。

 宮迫といえば、同局の人気番組『アメトーーク!』のMCとしておなじみだが、ドラマへの出演は、『だめんず・うぉ〜か〜』(2006年)以来、12年ぶりとなる。「バラエティーの収録で毎週来てるテレビ朝日で、ドラマを撮るというのは不思議な感じがしますね」と話す宮迫だったが、オファーを受けた瞬間はある理由から大慌てしたという。

 今回、宮迫が演じるのは、かつて朋の命を救った敏腕医師・松河森次。森次を尊敬する朋には何だか淡い恋心にも似た感情が見え隠れするという設定になっており、「50歳手前のおっさんがそれ、おかしないか?って確認したんですよ! でも、スタッフさんが『大丈夫』とおっしゃってくれましたのでね。後はどうなっても…オンエア後にネットで炎上しようが、僕は知りません(笑)」と宮迫。劇中の2人の関係は燃える恋愛に発展するのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >