2018/05/10 10:51

池井戸潤『七つの会議』、野村萬斎主演で映画化 初のサラリーマン役「新たな挑戦」

池井戸潤小説「七つの会議」映画化が決定(C)2019 映画「七つの会議」製作委員会
 『陸王』『下町ロケット』『オレたちバブル入行組』など多くの人気作を抱える池井戸潤氏の小説『七つの会議』(集英社文庫)が実写映画化されることが10日、明らかになった(来年公開)。狂言師で俳優の野村萬斎が“ぐうたら社員”の万年係長・八角民夫役で主演する。

【写真】池井戸潤小説「七つの会議」原作書影

 原作は数ある池井戸氏の作品のなかでも“傑作”との呼び声高いクライムノベル。都内にある中堅メーカー・東京建電に務める営業一課の万年係長・八角民夫が、トップセールスマンの課長・坂戸宣彦のパワハラを告発したことで社内に巻き起こる戦いと葛藤が描かれる。働くことの「義」とは、そして守るべき信念とは何かを問いかける。

 主人公の八角を萬斎が演じるほか、八角にパワハラで訴えられる坂戸役に片岡愛之助、営業部長の北川誠役に香川照之、坂戸に代わって新課長に着任する原島万二役に及川光博と実力派キャストが集結。また、老舗のねじ製造工場「ねじ六」の四代目・三沢逸郎を音尾琢真、東京建電の下請け「トーメイテック」社長・江木恒彦を立川談春、東京建電の親会社「ゼノックス」社長・徳山郁夫を北大路欣也が演じる。メガホンをとるのは、『私は貝になりたい』(08年)、『祈りの幕が下りる時』(18年)などを手掛ける福澤克雄監督。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >