2018/05/14 05:00

吉岡里帆、フジ系連ドラ初主演 “生活保護”テーマに奮闘「新しい挑戦」

7月スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00)に主演する吉岡里帆(右)と(左上から)遠藤憲一、井浦新、田中圭
 女優の吉岡里帆が、7月スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00)に主演することがわかった。吉岡が同局系連ドラに主演するのは初めてで、生活保護受給者を支援し、自立の手助けをする新人ケースワーカー・義経えみるを熱演する。吉岡は「この役は一対一でどこまで人の人生と真剣に向き合えるのかが肝です。根本的に本人の意識や信念がないと解決できないお仕事の物語で、私にとっても、えみる役は今までと違った新しい挑戦だと思っています」と力を込めている。

【写真】「コンフィデンスアワード・ドラマ賞2017」新人賞に輝いた吉岡里帆

 原作は柏木ハルコ氏による『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の同名コミックで、既刊6巻で累計50万部を超え記録している。新人公務員でありケースワーカーのえみるは、不器用だが情に厚くひたむきで一生懸命。そんな彼女が壁にぶつかりながらも受給者に寄り添い、彼らの救いになっていく姿を描くヒューマンドラマとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >