2018/05/11 07:00

『Mステ』13歳のキッズダンサーTAKERU、さかなクン、島茂子ら初登場続々

大原櫻子(左)が新曲で気鋭のキッズダンサーとコラボ。三浦大知も絶賛する若き才能・TAKERU(右)が5月11日放送、『ミュージックステーション』に初登場(C)テレビ朝日
 11日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)は、「コラボSP」と題し、出演アーティストがそれぞれスペシャルゲストとともに、Mステならではのスペシャルコラボパフォーマンスを生披露する。注目は、Mステ初登場、三浦大知も絶賛する若きダンサー・TAKERU。CMソングとしても話題の新曲「泣きたいくらい」を歌う大原櫻子とコラボレーションする。

【写真】TOKIO城島のそっくりなあの歌手もMステ初登場

 TAKERUは、2月に放送されたMステ「ダンスSP」の際に、三浦がその名前を挙げ、「表現力がすごい」「この年齢(13歳)にしてダンサーにしかできない演技的な表現、しぐさを身につけている」と、絶賛していた“キッズダンサー”。今回のコラボのリハーサルのため、7日に大原とTAKERUは初対面。まだ13歳、しかも全国ネットの生放送に初めて出演するとあって、早くも緊張気味のTAKERUは、なかなか大原と目を合わせられない状態だったが、踊りだすと中学1年生とは思えないキレのいいダンスを見せ、大原を感動させていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >