2018/05/17 00:37

ちょっと“やんちゃ”なゆるキャラが人気 プロレスだってOK

ゆるキャラたちが大乱闘を繰り広げた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)のイベント=5月8日開催 (C)ORICON NewS inc.
 最近、ゆるくない、ちょっと“やんちゃ”なゆるキャラたちの活躍が目覚ましい。今月8日に行われた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』(18日公開)の試写会イベントに集められた、アンドレザ・ジャイアントパンダ、メロン熊、ねば~る君、オカザえもん、フルーツ忍者ハルナ 梨之助、ちぃたん☆は、まさにいい例。ちぃたん☆を除く5キャラは、同イベントでプロレスのリングに上がって、異例の大乱闘を繰り広げた。

【動画】イベントの楽屋で遊ぶゆるキャラたち

 そもそもアンドレザ・ジャイアントパンダは、2016年より北海道根室市新根室プロレス所属プロレスラー。身長3メートル、体重は500キロとされ、とにかくデカイ。一見、かわいいが、キャラは凶暴そのもの。必殺技は、目にも留まらぬ速さで繰り返されるヘッドバッド(頭突き)と巨体を生かしたボディープレスだ。

 北海道夕張市の北海道物産センター夕張店のマスコットキャラクターのメロン熊も、後から生まれた凶暴化キャラが人気。威嚇するような目で襲いかかり、人間を頭からガブリッ。子どもが泣いて怖がってもお構いなし(?)。全国各地でトラウマを植え付けて回っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >