2018/05/17 15:23

JVA発表、映像ソフト市場ほぼ横ばい レンタル減続くも動画配信20%増

「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査2017」会見に出席した日本映像ソフト協会 マーケット調査委員会委員長の森口和則氏
 日本映像ソフト協会(JVA)は5月17日、「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査2017」結果を発表した。それによると、13年度より推計している映像ソフト市場(セル+レンタル+有料動画配信)の総計は、5213億円(前年比99.1%)となった。

【一覧表】17年映画興行収入、公開本数など映画興行概況

 そのうちビデオソフト(DVDとBD)のみの市場規模は3703億円(92.5%)で、内訳はセル2044億円(94.2%)、レンタル1659億円(90.6%)。有料動画配信は1510億円(120.2%)となった。全体としては16年からほぼ横ばいとなったが、レンタルの落ち込み幅は前年度の94.3%より大きくなった一方、有料動画配信は引き続き20%超の大きな伸び率を見せた。

 また、17年1年間にセル、レンタル、有料動画配信のいずれかを利用した「有料コンテンツ利用者率」は、全体で41.7%(前年から2.3%減)。内訳を見ると、セルは17.1%(1.1%減)、レンタルは26.8%(3.3%減)、有料動画配信率は13.9%(1.2%増)。有料動画配信ユーザーが伸びてはいるものの、利用者率としてはまだレンタルユーザーの半分ほどとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >