2018/05/18 19:57

AbemaTV『72時間ホンネテレビ』が受賞、「ギャラクシー賞」が示す“テレビの進化”

『72時間ホンネテレビ』が『第55回ギャラクシー賞』でフロンティア賞を受賞
 NPO放送批評懇談会は18日、テレビ、ラジオ、CM作品、制作者、関係者らに贈る『第55回ギャラクシー賞』の第2弾入賞作品を発表(第1弾は4月27日に発表)。テレビの新しいチャレンジを応援するための賞として2015年度より新設された「フロンティア賞」には、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の出演に加え、11月2日~5日にわたり72時間におよぶ生配信を展開し大きな話題を呼んだ、無料のインターネットテレビ局AbemaTVのバラエティ番組『72時間ホンネテレビ』が選ばれた。受賞を受けて、AbemaTV 編成制作本部 制作局長の谷口達彦氏は、「引き続き、開拓者精神を持ちながら、人の心に訴えかける番組作りに邁進してまいります」とコメントを寄せた。

【番組写真】3人が森且行と感動の再会など、72時間での出来事

 インターネットやスマホ等の普及によって、メディアをめぐる環境が様変わりする今だからこそ、失敗を恐れず、前例のない挑戦をする精神が求められると、第53回より創設された「フロンフィア賞」。日本の放送局、制作会社、配信事業会社が制作した個々の番組に加え、新たな仕組み作り、継続的な活動などが対象となっており、これまでには、民放が連携した初めての公式テレビポータルサイト「TVer」(第53回)、YDクリエイションがNetflix向けに制作した配信ドラマ『火花』(第54回)が選ばれてきた。今回は、2017年4月1日~2018年3月31日の期間に国内で放送またはネットで動画配信された、初出のオリジナル作品・活動が対象となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >