2018/06/01 08:40

『漫画 君たちはどう生きるか』担当者に聞いた“あえて40代男性”を狙った販売戦略

左から作画を担当した漫画家の羽賀翔一氏、編集担当の鉄尾周一氏(マガジンハウス取締役)
 2017年8月に発売された『漫画 君たちはどう生きるか』(原作:吉野源三郎・画:羽賀翔一/マガジンハウス)が売れ続けている。5月31日に発表された『第11回オリコン上半期“本”ランキング2018』では上半期史上最高となる133.8万部を記録。約80年前に発表された歴史的名著の漫画化作品なのだか、ここまでの大ヒットを成しえたのはなぜなのか?仕掛け人でもある編集担当の鉄尾周一氏(マガジンハウス取締役)と作画を担当した漫画家の羽賀翔一氏に話を聞いた。

【BOOK総合ランキング表】『君たちはどう生きるか』総合TOP5に2作 児童書・実用書も人気

◆単なる漫画化にはしたくない、80年以上前の原作に感じた可能性

 『漫画 君たちはどう生きるか』の原作は、1937年に出版された故・吉野源三郎さんの同名小説。漫画化を企画したきっかけは、30歳前後の編集者が愛読しているのを知り、80年以上前のこの作品に可能性を感じたという。より幅広い世代に伝えるために漫画化を思いついたという。大事にしたのは “漫画でよくわかる~”という作品や単なるコミカライズにはしたくなかったということ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >