2018/06/01 08:10

地上波では描けないドラマ『13の理由』が制作された2つの理由

Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』
 全世界で1.2億ユーザーを誇る定額制映像配信サービスの最大手、Netflixが日本国内での攻勢を強めている。5月29日にはKDDIとともに会見を開き、Netflix視聴者向けの料金パック「auフラットプラン25 Netflixパック」を本年夏以降に提供開始することを発表。さらにケーブルテレビ大手のジュピターテレコム(J:COM)とも提携を発表。来年以降、CATVでもNetflixが見られるようになるなど、視聴者との“接点”を急拡大させている。

【画像】10代の闇をリアルに描き衝撃を与えたドラマ撮影現場

■Netflixが日本国内での攻勢を強化 オリジナルドラマも次々配信

 Netflixの強みはビッグデータを活用し、制作されたオリジナルコンテンツともいわれている。実際、初のオリジナルドラマ、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』はそうしたデータをもとに制作を決定。全世界規模で話題をさらったほか、ドラマ賞なども多数受賞するヒット作となった。

 そして、昨年から今年にかけて同じく世界規模で大きな注目を集めているオリジナルドラマが、高校を舞台に、若者たちの心の闇を描いたドラマ『13の理由』だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >