2018/05/31 17:35

倉本聰氏、ギャラクシー賞授賞式に車椅子で登壇「来週、手術」

車椅子に乗って登壇した倉本聰 (C)ORICON NewS inc.
 脚本家の倉本聰氏(83)が31日、都内で開催された『第55回ギャラクシー賞授賞式』に車椅子に乗って登壇。現在、来年4月からテレビ朝日系で放送予定の『やすらぎの刻(とき)~道』の執筆途中だが、「実は、体を壊してしまって、来週、手術をしなければいけない」と明かした。

【写真】祝福に駆けつけた風吹ジュン&清野菜名

 今回、脚本家として『6羽のかもめ』『前略おふくろ様』『北の国から』『風のガーデン』など、長年にわたりテレビドラマ史をいろどる数々の名作を残してきた倉本氏の功績を称え、ギャラクシー賞55周年記念賞が贈られた。

 倉本氏は、昨年テレビ朝日で「シルバータイム」と銘打って、平日午後に高齢者層が楽しめる新たな帯ドラマ枠を自ら開拓。その第1作となった『やすらぎの郷(さと)』(2クール)では、時折、テレビ業界への批判も盛り込みながら、虚実ないまぜの物語を紡いで話題を呼んだ。さらに、その続編『やすらぎの刻』(1年間)を企画。80歳を超えてなおチャレンジ精神を失わず、精力的に執筆活動を続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >