2018/06/07 16:47

福山雅治、NHK初の高校野球テーマ曲担当 100回記念大会を彩る【コメント全文】

NHK初の高校野球テーマソングを担当する福山雅治
 NHKは7日、夏の全国高校野球が第100回の記念大会を迎えることを記念し、NHK高校野球テーマソングを初めて制作することを発表。福山雅治が手がけることが明らかになった。

【ライブ写真】5ヶ月で51万人を動員した福山雅治

 NHK高校野球中継班は、100回の歴史で初めてテーマソングを制作する理由について「100回大会を迎えるにあたり、『こんな思いを皆さんと共有したい』『次の時代にも伝えていきたい』と思い、何か形にできないかと考えたのがテーマソングを作ることのきっかけ」と説明。

 福山にオファーした理由について「福山雅治さんは楽曲の中で、『故郷への想い』『壁にぶつかった人へエール』『家族愛』など、日本人が普遍的に大切にしてきたことを、数多く伝えられています。私たちが高校野球を通して伝えたいと考えてきたことと一致することばかりです。福山さんなら私たちの想いを歌に込めていただけると考えた」としている。

 続けて「福山さんと初めてお話しした時に、中学時代ブラスバンド部の部長であったことをうかがいました。『アルプススタンドで応援するブラスバンドにずっと憧れていた』ともおっしゃっていただきました。プライベートで高校野球を観戦された際にアルプスが一体となる応援を体感されたともうかがっています。また私たちが放送で敗戦チームの描写を大事にしているとお伝えしたことにも共感していただき、福山さんにお願いしたことが間違いでなかったと確信しました」と自信を深めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >