2018/06/13 20:17

衛星放送協会オリジナル番組アワード、受賞作品決定 契約件数はプラマイゼロ

『第8回衛星放送協会オリジナル番組アワード』審査委員特別賞(ドラマ部門)を受賞した『連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』(C)WOWOW
 一般社団法人衛星放送協会が、有料・多チャンネル放送業界での「オリジナル番組の製作の促進」と、その「認知向上」を目的に、2011年に創設した『衛星放送協会オリジナル番組アワード』。今年で8回目を迎え、オリジナル番組賞7部門、および、オリジナル編成企画賞の最優秀賞、審査委員特別賞が決定した。オリジナル番組賞7部門の最優秀賞作品から選ばれる「大賞」は、7月12日の授賞式で発表される。

【画像】『プラージュ』で薬物前科者を好演した星野源

 審査対象は、2017年4月1日から18年3月31日までの間に、衛星放送協会会員社の チャンネルで初めて放送された番組や編成企画。オリジナル番組賞は、「ドラマ番組部門」、「ドキュメンタリー番組部門」、「中継番組部門」、「バラエティ番組部門」、 「教養番組部門」、「アニメ番組部門」、「ミニ番組部門」の7部門からなり、審査委員特別賞は、惜しくも最優秀賞を逃した番組、編成企画に贈られる。受賞作品は下記のとおり。

 なお、2017年度の有料・多チャンネル放送の契約数は1361万件(18年3月末時点)で、前年の同期比較で同数、増減ゼロにとどまった。今年1月の年頭会見では、昨年11月末時点の契約数が同期比較でマイナス11万件の1350万件と公表されたが(Jリーグの放送権が移動した影響が大きかった)が、その後、プロ野球をはじめ、各社の有力なコンテンツが加入を促し、11万件の純増を達成。1年前の契約数に戻した形となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >