2018/06/12 15:20

『この世界の片隅に』文化庁メディア芸術祭大賞 片渕監督、原作者の喜びに「何よりもうれしい」

『第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』でアニメーション部門大賞を受賞した映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督 (C)ORICON NewS inc.
 『第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』の内覧会が12日、東京・国立新美術館で開催され、アニメーション部門大賞を受賞した映画『この世界の片隅に』(2016年)の片渕須直監督が出席。「前に(監督作の)『マイマイ新子と千年の魔法』で優秀賞をいただいて。その前の年が原作の『この世界の片隅に』も優秀賞だった。今回は大賞なので、原作者のこうの史代さんに伝えたら『リベンジしていただいて本当に良かった』と言っていただいて、それが何よりもうれしかった」と喜びを語った。

【写真】展示される映画『この世界の片隅に』の資料

 同作は、こうの氏同名漫画を原作に、片渕氏がクラウドファンディングで制作資金の一部を集めるなどして、6年の歳月をかけて完成させた作品。主人公・すずの声を務めたのんの演技も話題を呼んだ。

 2016年11月の公開以降、18年に入っても上映が続くロングラン作品となり、片渕監督は「映画館で映画を観る楽しさをたくさんの方に再認識していただけたと思う。映画館で観るとこの映画はひと味もふた味も違いますし、ほかの映画館で観るとどうなんだろうって、いろんな映画館で見比べたり聴き比べしてくれるお客さんも出てきたりして。みんなで映画をもり立てていける礎(いしずえ)にもなれたらいい」と期待を込めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >