2018/06/12 20:00

劇団鹿殺し・丸尾丸一郎の自伝的私小説「さよなら鹿ハウス」が今秋舞台化、メインキャストを募集中

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
 劇団鹿殺しの丸尾丸一郎よる自伝的私小説「さよなら鹿ハウス」が、2018年秋に舞台化されることが決定。それに伴い、現在、同公演に出演するメインキャストを募集している。

【画像】小説「さよなら鹿ハウス」第一回 扉絵

 丸尾は、乃木坂46主演舞台「墓場、女子高生」や朝井リョウ原作の舞台「何者」の演出、秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の脚本・演出、朗読劇「予告犯」の演出、今年秋に舞台化が決定した『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGEの脚本・演出など、話題作に次々と起用され注目を集めている。

 現在、ポプラ社発行の文芸誌「asta*」で連載中の丸尾の自伝的私小説を原案とし、丸尾自身が作・演出をつとめ、新たに立ち上げられる「演劇サークルばんび」の旗揚げ公演として「さよなら鹿ハウス」を今年11月に上演。また、上演に伴い、ポプラ社より小説版も刊行される予定だ。

 応募資格は、18歳以上の男女(経験不問)で、応募締切は、7月10日(火)まで。合格者は、10月5日より開始予定の稽古に参加し、11月8日~25日まで東京(座・高円寺1)と大阪(HEPホール)で上演される本番に出演する。

 オーディション詳細は、劇団鹿殺し公式サイトおよび、オーディションサイト「デビュー」に掲載中。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >