2018/06/13 12:38

鹿児島出身・柏木由紀『西郷どん』で大河ドラマ初出演 西郷吉二郎の妻・園役

『西郷どん』で大河ドラマ初出演を果たす柏木由紀(C)ORICON NewS inc.
 NHKは13日、俳優の鈴木亮平が主演する現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の新たなるキャストとして、AKB48の柏木由紀、女優の水川あさみ、俳優の浜野謙太、落語家の林家正蔵ら11人が出演することを発表した。

【集合ショット】役衣装で登場した小栗旬、黒木華ら

 柏木は西郷吉二郎(渡部豪太)の妻・西郷園、水川は坂本龍馬(小栗旬)の妻・お龍、浜野は伊藤博文、正蔵は大村益次郎を演じる。

 そのほか、土佐藩士で尊王攘夷運動に傾倒し脱藩、長州藩に亡命する中岡慎太郎役に山口翔悟、幕臣で剣の達人、山岡鉄舟役に藤本隆宏、佐賀藩士で「維新の十傑」「佐賀の七賢人」に挙げられる江藤新平役に迫田孝也、第9代会津藩主、松平容保役に柏原収史。

 西郷家の四男で大家族の末っ子として育ち、長兄の西郷吉之助にかわいがられた西郷小兵衛役に上川周作、「薩摩ゆかりの人々」として薩摩藩士で後に日本の初代警察庁大警視となる川路利良役に泉澤祐希、薩摩藩士で明治新政府下では警察官となる中原尚雄役に田上晃吉が決まった。

 物語は、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開き、明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛(鈴木亮平)の生涯を描く。

 会見には鈴木、西郷の3人目の妻・糸役の黒木華、龍馬役の小栗も出席した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >