2018/06/14 11:20

Crystal Kay、30代を迎えて歌唱表現に変化 「押し付けがましくないメッセージソング」

Crystal Kay(写真/鈴木かずなり)
 来年の活動20周年を控え、NHKドラマ『デイジー・ラック』主題歌の「幸せって。」も好評のCrystal Kayが、2年半ぶりのアルバム『For You』をリリース。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの小林直己も出演するリドリー・スコット製作のNetflixオリジナル映画『アースクエイク・バード(原題)』への出演も決定し、歌手活動だけでなく女優業にも意欲を見せている彼女が、2年間のニューヨーク生活を経て30代のいま、追求する“歌”と“声”について語った。

【写真】Crystal Kay、安室奈美恵と初コラボ「夢がかなった」

◆押し付けがましくない等身大の歌

 30代を迎えての初のアルバムは同世代の女性に寄り添い、ときに背中を押すポジティブさに溢れている。
「ようやく“自分は自分”と素直に思えるようになったからかな。だけど少し前、それこそ『デイジー・ラック』の主人公たちと同世代の20代終わり頃はいっぱい悩んでいました。結婚、出産はいつするの?とか、そうしたらキャリアはどうなるんだろうとか。周りに聞くとフィールドは違っても、この世代って似たような不安を抱えていると思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >