2018/06/23 10:00

主演映画が続く注目の若手俳優・高杉真宙、役者業の魅力を吐露「ゴールが見つけづらい分だけ楽しめる」

6月23日公開の映画『世界でいちばん長い写真』で主演を務める高杉真宙。撮影/booro(BIEI)(C)Deview
 『武士道シックスティーン』や『ストロベリーナイト』など幅広いジャンルで活躍する人気作家・誉田哲也による小説を実写化した『世界でいちばん長い写真』が、いよいよ本日6月23日より公開される。消極的で人生の目的を持てずにいた少年・宏伸がギネス記録を持つパノラマカメラと出会い、モノクロだった人生が鮮やかな色に変わっていくという、実話を基にした青春ムービーで主演をつとめた高杉真宙に、本作の見どころや撮影エピソード、役作りのこだわりなどを語ってもらった。映画『虹色デイズ』、『ギャングース』などの主演作が控える高杉が思う、役者業の魅力、楽しさとは!?

【写真】高杉真宙の撮り下ろし別カット

【映画『世界でいちばん長い写真』主演・高杉真宙インタビュー】

◆「正解やゴールが見えない職業だからこそ、常に自分の限界を決めないようにしています」

――最初にオファーを受けた際の心境から聞かせてください。

「僕は、こういう、なんでもないような日常の中でちょっとずつ変わっていく青春もののストーリーが好きなんです。しかも、実話から生まれた物語と実際にある<世界でいちばん長い写真>を伝えることができる。歴史ものもそうですけど、昔からあったものを再び“伝える”っていうのは、役者としてやりたいことの1つでもあるので、今回、こうやってお話をいただけて嬉しかったです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >