2018/06/22 22:54

細田守監督、『金曜ロードSHOW!』新オープニングを担当 7・20から放送

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』オープニング映像を手がける細田守監督 (C)NTV
 『バケモノの子』や『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた「スタジオ地図」の細田守監督が、7月20日放送から日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後10:00)の新オープニングを担当することがわかった。細田監督のほかにも最新作『未来のミライ』のスタッフが集結。細田監督は「映画の出会いというのはとっても大事なもの、人の人生を左右するぐらい大きなものだと思います。映画への誘いを導くための素敵なオープニングを今作っております。ぜひ皆さん期待してください」と自信を込めている。

【画像】制作途中のキャラクター

 同番組のオープニングといえば、これまで「Friday Night Fantasy」の音楽に乗せて、海辺の夕日の映像が印象的だった1985年の番組開始当初のもの(当時のタイトルは『金曜ロードショー』)、97年から2009年までのスタジオジブリが制作した『映写機おじさん』と久石譲の「Cinema Nostalgia」のバージョン、2009年以降は黒うさぎのスタンリーが躍動するバージョンが制作されてきたが今回、新たなキャラクターと音楽が物語の幕開けを飾る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >