2018/06/27 22:01

RADWIMPS、全国ツアー完走【横浜アリーナライブレポ】

RADWIMPS 『Road to Catharsis Tour 2018』横浜アリーナ公演
 ロックバンド・RADWIMPSが27日、神戸ワールド記念ホールでワンマンツアー『Road to Catharsis Tour 2018』の最終日を迎えた。全国各地で盛り上がりをツアーから、20日に行われた横浜アリーナ公演をレポートする。

【写真】飛び跳ねるなどして盛り上げたライブの様子

 赤い照明の中でサイレンの音が鳴り響き、「AADAAKOODAA」でライブがスタート。ハンドマイクの野田洋次郎が早速オーディエンスとコール&レスポンスを行うと、「One man live」「ます。」とアッパーな曲を連発し、桑原彰と武田祐介も激しいアクションをしながらステージを駆け回る。野田は最初のMCで「ただいま、横浜!お祭り感半端ないね」と地元にあいさつした。

 中盤では、スクリーンに様々な空の映像が映し出された「俺色スカイ」や、フリージャズのようなセッションを聴かせた「揶揄」といった初期の曲を披露。「昔の曲も多いけど、置いてけぼりになってる人がいたら、肩を組んであげてね」と呼びかけると、ここまでの熱いステージから一転、バラードの「スパークル」はピアノソロに始まり、ドラマチックな曲展開を経て、後半ではスケール感のあるサウンドスケープが広がっていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >