2018/07/05 14:00

『お~いお茶 新俳句大賞』最高賞発表「獅子舞の口へ太平洋の風」

文部科学大臣賞を受賞し喜びを語る田島もりさん (C)ORICON NewS inc.
 『第29回 伊藤園お~いお茶 新俳句大賞』の表彰式が5日、都内で開催され、入賞作が発表された。過去最多応募となった195万4223句のなかから最高位賞である「文部科学大臣賞」には、大阪府の田島もりさん(83)の作品「獅子舞の口へ太平洋の風」が選ばれた。

【写真】審査員としていとうせいこう、吉行和子らも出席

 田島さんが三重県志摩に住んでいた頃、安乗神社のしめ切り神事の獅子舞がユーモラスに口を開けていて、そこに太平洋から吹いた風が流れ込み、胴ぶるいする情景を詠んでいる。田島さんは俳句歴55年、新俳句対象では過去2度の入賞入選歴がある。田島もりは俳号、本名は田島博子さん。受賞を喜び、「土地の神様が私に贈ってくださった句だと思っています」と話していた。

 1989年『お~いお茶』の発売とともにスタートした同賞は、入賞作品を商品パッケージに掲載すること、季語や五・七・五の定型にとらわれず自由な感性で俳句を詠むというユニークさが特徴で、これまでの累計応募句数は3370万句を超えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >