2018/07/08 15:00

山崎賢人“イケメン少年”の悩みに心得伝授「認めるしかない」

『グッド・ドクター』完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した山崎賢人 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の山崎賢人が8日、都内で行われた12日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『グッド・ドクター』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇。子どもからの質問コーナーで“かっこいいこと”が悩みの少年に、イケメンの先輩として心構えを説いた。

【写真】イケメン少年の悩みに答える山崎賢人

 小児科を舞台にした作品のため、撮影現場で多数の子供と過ごしている山崎は「現場が明るくなりますね」とにっこり。共演の藤木直人も「賢人くんは子役の子に懐かれている。タイヤのついたイスを『押して』って言われて、廊下をずっと押してあげている」と休憩時間のほっこりエピソードを披露。山崎は「体重60キロぐらいあるんですけど僕も代わり番こで押してもらいました。めちゃめちゃ体力あって、スタジオの50メートルぐらいの廊下を10往復ぐらいしました。楽しかったです。遊んでもらいました」と満面の笑みで子ども好きな一面を見せていた。

 この日の試写会は15歳までの子ども約160人が大集合。質問コーナーもあり、10歳の男の子から、なんと「イケメンだねと言われるのが嫌。言われてもなんて言っていいか、わからなくて困ります」という悩み相談が。当代きってのイケメンの山崎は対処法として「認めるしかないかな。認めて『イケメンです』と言うしか」と、イケメンと言われ続けてきた山崎だからこその回答を披露。報道陣からは「おぉ~」と言葉が漏れていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >