2018/08/06 08:30

舞台『八王子ゾンビーズ』が幕開け、三代目JSB・山下健二郎の座長っぷりを鈴木おさむも絶賛

囲み取材に出席した(左から)脚本・演出の鈴木おさむ、駿河太郎、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、久保田悠来、藤田玲(C)Deview
 三代目 J Soul Brothersの山下健二郎が主演を務める、舞台『八王子ゾンビーズ』が5日より、東京・TBS赤坂ACTシアターにて開幕。初日公演を前に公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

【写真】舞台『八王子ゾンビーズ』ゲネプロの模様

 本作は、音楽×ダンス×ゾンビをテーマにした完全オリジナル作品。脚本・演出を手掛けるのは、映画やドラマの脚本や舞台の作・演出、小説など、様々なジャンルで活躍している鈴木おさむ。さらに、主題歌はm-floが担当し、劇中歌は☆Taku takahashiが本作のために書き下ろした楽曲を使用。

 囲み取材には、座長の山下のほか、イケメンゾンビを演じる久保田悠来、藤田玲、住職・孔明(こうめい)役の駿河太郎、そして脚本・演出の鈴木おさむが出席。初日公演を前に、山下は「"いよいよ来たか"という感じ。みんなで稽古を頑張ってきたので、早くステージに立ってお客さんに観てほしいという想いが強いです」と率直な想いを語る。

 そして、「やっていて稽古が毎回楽しかったですし、通し稽古も何回もやって、その中で生まれた笑いだったり、動きだったり、みんなで作り上げたという感じがある」と稽古の日々を振り返り、「エンターテインメント性も強いし、歌も踊りもあるし、最後には感動する部分もあるので、全部がこの舞台に詰まっているんじゃないかと。年齢に関係なく、多くのみなさんに楽しんでいただける内容になってると思います」と本作への想いを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >