2018/08/06 20:57

二宮和也、吉高由里子の「タクちゃん」呼びにヒヤヒヤ

映画『検察側の罪人』完成披露試写会前舞台あいさつに登壇した(左から)芦名星、音尾琢真、八嶋智人、二宮和也、木村拓哉、吉高由里子、大倉孝二、原田眞人監督 (C)ORICON NewS inc.
 木村拓哉(45)と嵐・二宮和也(35)の初共演が話題の映画『検察側の罪人』(24日公開)の完成披露試写会が6日、都内で開催され、木村、二宮、吉高由里子(30)、大倉孝二(44)、八嶋智人(47)、音尾琢真(42)、芦名星(34)、原田眞人監督(69)らが舞台あいさつを行った。

【写真】木村&二宮の共演にファン悲鳴

 同映画は、雫井脩介氏が2013年に発表した同名小説(文春文庫)が原作。ある殺人事件の捜査を進める中で浮上してきた容疑者・松倉重生(酒向芳)を何としてでも罰することを誓う木村演じるエリート検事・最上毅、その容疑者の取り調べを任された二宮演じる若き検事・沖野啓一郎。“信頼”し合っていた2人がやがて対決することになる葛藤を通して「正義とは何か」を問う。

 沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂を演じた吉高は「言ったことがない言葉、せりふが多かったので、最上が長ぜりふを言った後のたった一行でかみそうになってふるえていました」と撮影を振り返ると、原田監督から「かみそうになった?」と容赦ないツッコミが入り、「かんでいた(笑)」と訂正。「完成していたらそこはバレないから言わなくてもいいのに」とぼやいて笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >