2018/09/15 07:40

生きる伝説・ショーケン、連ドラ出演 おっさんブームの真打登場

ドラマ『不惑のスクラム』に出演する萩原健一(C)NHK
 現在NHK総合で放送中のドラマ『不惑のスクラム』で、“ショーケン”こと萩原健一の17年ぶりとなる地上波連ドラ出演とともに円熟の演技が話題を呼んでいる。昨今、『孤独のグルメ』『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、いわゆる“おっさん”ブームが続いているが、ショーケンの連ドラ出演は、その真打ち登場といった趣がある。

【写真】丸くなった?笑顔を見せる伝説の男・ショーケン

■“天才”の名を欲しいままにした稀代の大スター

 萩原健一は1950年生まれの現在68歳。元ザ・テンプターズ、PYGのボーカルで、デビューは1967年の曲「忘れ得ぬ君」。当時17歳だった萩原はその後、メキメキ頭角を現し、ライブで女性ファンが次々と失神するほどの熱狂的な人気を得る。1972年に音楽活動を停止してからは、ドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)に新人刑事・マカロニ役で出演。これが人気を決定づけ、その後も『傷だらけの天使』、倉本聰脚本作『前略おふくろ様』(日テレ系)と立て続けに当たり役をものにしていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >