2019/01/22 22:36

細田守監督『未来のミライ』米アカデミー賞長編アニメ部門ノミネート

細田守監督の『未来のミライ』が米アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネート(C)2018 スタジオ地図
 米ロサンゼルス時間で現地時間22日未明(日本時間同日夜)、『第91回米国アカデミー賞』のノミネーションが行われ、細田守監督の映画『未来のミライ』が長編アニメーション賞候補に選出された。授賞式は現地時間2月24日夕方(日本時間25日午前)に行なわれる。長編アニメーション賞へのノミネートは、2016年日仏共同制作『レッドタートル ある島の物語』(マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督)以来、日本人監督の作品では2015年米林宏昌監督の『思い出のマーニー』以来となる。

【写真】細田守監督

 『未来のミライ』は、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。家一軒と庭一つ、どこにでもあるたった一つの家族を通して、生命の大きな循環、人の生の織りなす巨大なループを描き出した。

 細田監督作品が米アカデミー賞長編アニメーション部門でノミネートされるのは初。同映画は、『第76回ゴールデン・グローブ賞』のアニメーション映画賞にもノミネートされていた。

 長編アニメーション部門には、『インクレディブル・ファミリー』『犬ヶ島』『シュガー・ラッシュ:オンライン』、『スパイダーマン:スパイダーバース』(3月8日公開)がノミネートされている。今回のアカデミー賞には、外国語映画部門に是枝裕和監督の『万引き家族』もノミネートされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >