2019/02/28 19:31

宇崎竜童、映画出演理由は「脳トレ」 役モデルの男性にヘッドロックで居酒屋に連れ込まれる

映画『波乗りオフィスへようこそ』の完成披露試写会に登壇した宇崎竜童 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の関口知宏(46)、宇崎竜童(73)が28日、都内で映画『波乗りオフィスへようこそ』(4月19日公開)の完成披露試写会の舞台あいさつに登壇した。

映画『波乗りオフィスへようこそ』への出演キャストが大集合!!

 東京でセキュリティソフト会社を経営する徳永(関口)は大企業に押され、エンジニアの採用ができずに窮地に立たされていた。ある日、優秀な人材は地方にもいるはずと思い立ち、故郷である徳島県美波町へ。活気を失った街で悪戦苦闘する中、地元の起業家の「とうさん」こと岩佐(宇崎)たちに助けられ、なんとか採用にこぎつける。その後もトラブルに見舞われながら…、というあらすじ。

 撮影は同地で3週間かけて行われた。冒頭のあいさつで宇崎は「最初は出演を断ろうと思った」とぶっちゃけ。理由は3つあったそう。「徳島まで行って合宿する。それと徳島弁を覚えなきゃいけない。もう1つは船に乗らなければいけない。これは俺には向いてないと思った」という。ただ、妻・阿木燿子に相談したところ「脳トレになるからやった方がいい」と助言を受けたそうで「お引き受けいたしました。脳トレになりました」と出演までの顛末を話し、笑わせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >