2019/03/03 10:00

松本穂香&渋川清彦が父娘に コミックエッセイ『酔うと化け物になる父がつらい』映画化

映画『酔うと化け物になる父がつらい』でW主演を務める(左から)松本穂香、渋川清彦 (C)「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
 菊池真理子氏原作のノンフィクションコミック『酔うと化け物になる父がつらい』が女優・松本穂香(22)と俳優・渋川清彦(44)のW主演で映画化することが3日、明らかになった。

【画像】原作者・菊池真理子氏によるコメント付きイラスト

 同作は、アルコールに溺れる父を持つ菊池氏の実体験によるコミックエッセイ。父はアルコール依存、母は新興宗教信者で、主人公は酔って化物になった父の奇行に悩まされ、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、がむしゃらに未来を見つけていくストーリー。

 メガホンを取るのは、訳あり物件を浄化するオカルト女子が主人公の『ルームロンダリング』(18年)を手がけた片桐健滋監督。脚本は、片桐監督とお笑いトリオのザ・プラン9のリーダー・久馬歩が担う。片桐監督は「大好きな渋川さんと、ずっとお仕事したかった松本さんと11日間という濃密な現場をご一緒させていただき、家族というものを掘り下げる機会に恵まれました」とし「つらい実体験をユーモラスに昇華する原作の雰囲気を大事に撮影しました」とポイントを上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >