2019/06/22 19:11

伊原六花、理想のタイムスリップ語る ボイメン小林は“堕天使”願望ポロリ

映画『明治東亰恋伽』が公開記念舞台あいさつに出席した伊原六花(左)と小林豊 (C)ORICON NewS inc.
 女優の伊原六花、BOYS AND MENの小林豊が22日、都内で行われた映画『明治東亰恋伽』が公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】とまん、久保田悠来、山崎大輝、高橋真佳把、松島庄汰らも登壇

 原作は、2011年に携帯アプリ配信版からスタートした、明治の偉人たちとの出会いと恋を描くタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム。4月からドラマシリーズが放送&配信され、伊原が現代の女子高生で明治時代にタイムスリップしてしまった主人公・綾月芽衣を、小林が芽衣をタイムスリップさせてしまった奇術師のチャーリーを演じている。

 作風になぞらえて「理想のタイムスリップ」に話題が及ぶと、伊原は「私は過去に行って、今にないおいしい食べ物を食べたい!」と目を輝かせる。一方で小林は「僕は過去を振り返らないタイプですから!」と切り出すと「未来に行って背中に翼を移植したい。堕天使と言われてもいいから天使になりたいんです!」と独特の回答で笑いを誘った。

 舞台あいさつにはそのほか、松島庄汰、とまん(XOX)、山崎大輝、高橋真佳把(BOYS AND MEN研究生)、久保田悠来、副島宏司監督も出席。主演の伊原は「このキャスト、スタッフの皆さんと一緒に作ることができて幸せでした。すごくステキな作品になってる。いろんな角度から観ていただけたら」と自信満々にアピールした。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >