2019/08/25 15:47

ウォズ・渡邊圭祐、早くも『ジオウ』ロスに ゲイツ・押田岳はマッハ・稲葉友からの金言を引き継ぐ

『仮面ライダーゼロワン』プレミアムバトンタッチイベントに参加した(左から)渡邊圭祐、大幡しえり、押田岳、奥野壮 (C)ORICON NewS inc.
 テレビ朝日系で放送されていた『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)が25日、最終回を迎えた。次週9月1日からは『仮面ライダーゼロワン』がスタートする。それに先駆け、都内で『仮面ライダーゼロワン』プレミアムバトンタッチイベントが行われ、『ジオウ』からは常磐ソウゴ/仮面ライダージオウの奥野壮、仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツの押田岳、ツクヨミの大幡しえり、仮面ライダーウォズ/ウォズの渡邊圭祐が出席した。

【写真】『ジオウ』&『ゼロワン』キャストが集結

 冒頭のあいさつで渡邊は「この本によれば、きょうは君たちにとって特別な1日となる。ただし、黄色いバッタには気をつけた方がいい」と仮面ライダーゼロワンを交えたウォズのせりふを再現し、会場からは大声援。続けて「早くも『ジオウ』ロス。ウォズ役の渡邊圭祐です」と語り、多くのファンが同意していた。

 思い出のシーンについて渡邊は「毎回、本を持って出てきて前の話を解説する。そのシーンは1話から49話まで、ずっとやってきた。せりふを覚えるのも大変なシーンでしたけど、やりきれてよかった」と話す。押田は「日に日に、うまくなっていった」と成長を語ると、奥野も「どこかのタイミングで見たときに、せりふを覚えるのも早くて、すごくうまくなってるって思った。1年間、ありがとうございました」と感謝していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >