2019/10/24 04:00

三谷幸喜監督、台湾で舞台あいさつ ユーモア交え400人の笑い誘う

台湾で行われた『記憶にございません!』の舞台あいさつに出席した三谷幸喜 (C)2019 フジテレビ 東宝
 公開40日間で興収33億円を突破した映画『記憶にございません!』のメガホンをとった三谷幸喜監督がこのほど、海外で最初の公開地・台湾で行われたプレミア上映会に出席。北京語で「僕の北京語わかりますか? 僕には自分の北京語がわかりません」とユーモアを交えたあいさつを行い、会場に集まった400人の観客の笑いを誘った。

【写真】降ってきた銀テープに笑顔の佐藤浩市と中井貴一

 台湾での三谷作品の人気は根強く、過去にはドラマ『古畑任三郎』シリーズをはじめ、『THE 有頂天ホテル』(2006年)、『ザ・マジックアワー』(08年)、『清須会議』(13年)なども公開されている。

 舞台あいさつで観客から「次に仕事をしてみたい俳優」を聞かれると、すかさず「リン・チーリンさんです」と答えた三谷監督に拍手が。さらに「僕は台湾のみなさんが大好きです。映画館の中から聞こえてくる笑い声の大きさは日本の映画館以上かもしれません。次も必ず、楽しんでもらえるような映画を作って、ここに戻って来たいと思います」とコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >