楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/21 16:13

『ジオウ』奥野壮、仮面ライダーを『ゼロワン』高橋文哉に継承 ファンに呼びかけ「頭の片隅に『ジオウ』が残り続けたら」

『ジオウ』から『ゼロワン』に仮面ライダーを継承した(左から)奥野壮、高橋文哉 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の奥野壮、高橋文哉が21日、都内で行われた『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダーゼロワン』の新作映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の公開初日舞台あいさつに登壇。仮面ライダーへの熱い思いを語った。

【動画】変身ポーズはこうして生まれた!山本耕史が爆笑トークで明かす

 『ジオウ』で仮面ライダージオウ/常磐ソウゴを演じた奥野は「キャスト、スタッフ一同が時間をかけて、一つひとつのシーンを大切の撮っていた。この日を迎えて、とてもうれしいです」と感慨を語る。『ゼロワン』で仮面ライダーゼロワン/飛電或人を演じる高橋は「全身全霊で、この作品に関わった皆様で作った。この瞬間も全国の皆様に届いているかと思うと、すごくうれしい。ついに、僕たちの映画が届けられるんだなという気持ちです」と封切りを迎えた心境を明かした。

 本作をもって『ジオウ』は終わりとなる。最後のあいさつで奥野は「この映画が『ジオウ』として最後の映画。しっかり『ゼロワン』の方に仮面ライダーのバトンを渡した。これからも安心して『ゼロワン』を見ていきたい」と“後輩”への信頼と期待を口にする。そして、ファンに向けて「『ジオウ』は終わりますが、仮面ライダーの歴史の一部として頭の片隅に『ジオウ』が残り続けたらうれしいと思います」と呼びかけた。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >