楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/04 21:53

大友啓史監督、松田龍平は「たたずんでいるだけで映画になる」

松田龍平を絶賛した大友啓史監督 (C)ORICON NewS inc.
 NHK大河ドラマ『龍馬伝』や映画『るろうに剣心』シリーズなどで知られる大友啓史監督が4日、東京・日本外国特派員協会で行なわれた最新作『影裏』(14日公開)の記者会見に出席。本作で主演を務める綾野剛や松田龍平の魅力を語った。

【写真】松田龍平と綾野剛を絶賛した大友啓史監督

 キャスティングについて聞かれた大友監督は「松田龍平くんは、すごく映画的なまといを持っている。何もしなくても、たたずんでいるだけで映画になる俳優」とし、綾野については「色々な意味で文学的なまといを感じさせてくれる俳優で、この2人が見たくなった。本能的なチョイスです」と理由を明かした。

 さらに、綾野について「彼が演じる今野は、LGBTで世の中に言いたいことがあるんだけど、怒りを抱えていると思う。それを抑えながら生きているように見える。怒りを腹に抱えながらも弱々しく笑える。そういうことが表現できるのが綾野剛くんの素晴らしさだと思いますね」と絶賛した。

 物語は、赴任した岩手盛岡での生活に戸惑う今野(綾野)を孤独から救ってくれた友人・日浅(松田)が突然姿を消して動き始める。足跡をたどる今野だが、それは日浅のもう一つの影の顔、裏の顔を浮かび上がらせる。共に日々をわかちあったはずの日浅の本当の姿を、今野が探し出していく。

 大友監督の出身地・岩手県盛岡市が舞台の本作。「盛岡の町にある小さな映画館で映画を見て育ちました。映画は社会の窓、世界への窓だと思う。テレビや配信とは違って、映画は体験。大きな画面で見て、聞いて共有する。配信の時代だからこそ映画にこだわりたい」と映画監督としての思いも口にしていた。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >