2017/11/08 15:51

『ビブリア古書堂の事件手帖』実写映画化・主演は黒木華&野村周平

ビブリア古書堂の事件手帖
ビブリア古書堂の事件手帖

 三上延さんの人気ミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』が実写映画化されることになりました。気になるキャストは、書店主の篠川栞子に黒木華さん、そして五浦大輔に野村周平さん。監督は『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』などで知られる三島有紀子さんです。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは、北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子が、古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく『古書探偵ミステリ』シリーズ。発行部数はシリーズ累計640万部を突破する人気作品です。映画化されるのは、原作の1巻・第1話と第4話を中心としたエピソード。栞子と大輔の出会いと、最初の謎解きなどが描かれます。

 極度の人見知りで、普段はたどたどしい喋り方しかできないけれども、本が絡む話になるとスイッチが入り、途端に雄弁になる「ビブリア古書堂」店主・篠川栞子を演じるのは黒木華さん。

「以前から原作は読んでいて、とても面白かったので今回のお話をいただいた時はうれしかったです。表紙に描かれている栞子さんのビジュアルが強く印象に残っていて、そこがプレッシャーでもありましたがぼそぼそ喋るところだったり、人の目をぱっと見られないところだったり、雰囲気を近づけられるよう意識しました。また監督と「何か癖があるといいよね」とお話している中で頭を掻くとか、推理を する時は人の目をバシッと見るとか、細かい仕草を詰めていきました。 三島監督とは『繕い裁つ人』に続きお仕事するのは2回目なので、すごく嬉しいです。監督はいつも撮りたいものに明確なイメージを持たれていて、男らしい部分もありながら、撮られるものは女性的で、自分が気付かないところにも気づいてくださり、とても細やか な方だと思います。ご一緒していて面白いです。野村さんとは初共演でした。TVなどで見ている姿とあまり変わらずとても面白い方で、いつも現場を盛り上げて下さり、楽しかったです。 この作品はミステリー映画として謎解きがすごく面白く、さらに栞子と大輔の恋愛など、いろいろなところに注目してお楽しみいただける作品だと思います。原作ファンの方にも、原作を読んでいない方にも楽しんでいただきたいです」

 小学生の頃の出来事が原因で、活字を見ると体調が悪くなるという「活字恐怖症」の五浦大輔を演じるのは、野村周平さん。「原作についてはもともと知っていました。大ヒットしている話題作の映画化に声をかけていただき、とても嬉しかったです。本作で僕は 五浦大輔という、過去の経験から本が読めなくなった青年を演じていますが、僕も活字に少し苦手意識があったりするので(笑)、大輔と共通点が多く、すごく入りこんで演じられています。三島監督とは今回初めてご一緒しました。いい時はすごく褒めてくださりますし、アメとムチで上手に僕のことを躍らせてくれます。黒木さんは、最初は物静かな方という印象がありましたが、たくさん話しかけてくださり、一緒にいてとても楽しい方です。今回共演できて本当によかったです。この作品には本の魅力が詰まっています。ゆったりとした、ビブリアの魅力的な世界観に浸っていただきたいです。キュンとするような淡いラブストーリーもあります。そして何より、本が読みたくなるような作品だと思います。ぜひこの映画を観て、本を読んでいただけたらなと思います」

と、それぞれコメントを寄せています。

 『ビブリア古書堂の事件手帖』は2018年公開予定。鎌倉の静かな街と、時がゆったり流れるようなビブリア古書堂の雰囲気がどのように映像化されているのか、楽しみですね。

(C) 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会 配給:20 世紀フォックス映画、KADOKAWA

(咲村珠樹 / 画像提供・株式会社マンハッタンピープル)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >