2018/02/10 18:00

新発見の遺跡に迫る「マヤ文明 密林に隠された真実」放送

LostTreasuresOfTheMayaSnakeKing_LR_10(c)Wild Blue Media
LostTreasuresOfTheMayaSnakeKing_LR_10(c)Wild Blue Media

 中米の国、グアテマラのジャングルで、古代マヤ文明に関する新発見がありました。上空からレーザースキャナーを使って走査するという、最新の調査方法を用いた結果、多数の人工建造物の存在が明らかになったのです。その数およそ6万。しかもこれらの建造物は、相互につながった大都市や幹線道路、要塞や大規模な農場など様々な痕跡が連なっており、大きな都市圏の様相を呈しており、これまでの常識を覆すものでした。この調査に密着したドキュメンタリー番組が2月14日午後9時より放送されます。

 これまで、マヤ文明の都市は大部分が孤立して存在しており、それぞれが自給自足して暮らしていたと考えられてきました。このため、全体の人口規模も100万〜200万人と推測されていましたが、今回の発見で、それを大きく上回る2000万人ほどの人口があったのではないかと推測されています。

 今回の調査は「ライダー調査」と呼ばれる最先端の手法で行われました。上空からレーザーを照射し、表面をスキャンすることでジャングルの木々に隠れた建造物の存在を探知し、そのデータを立体的な地図としてモニタ上にデジタルマップとして描き出すというもの。これにより、肉眼では判別が難しい密林に覆われた人工的な建造物の存在が地図上に浮かび上がり、その形や位置が測定できます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >