2018/08/22 20:30

『銀魂2 掟は破るためにこそある』、好スタートを切るものの評価が真っ二つ? 原作改変に怒る原作ファンも……

 8月17日公開の福田雄一監督の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が好調なスタートを切った。20日発表の映画動員ランキング(興行通信社調べ)では、土日2日間で動員38万5,000人、興収5億2,800万円をあげ、初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では、動員60万人、興収8億円を突破したという。

 昨年、実写邦画ナンバーワンの成績を記録した前作『銀魂』を上回るヒットが期待される『銀魂2』。キャスト陣の体当たりすぎる演技、イケメンの無駄遣いっぷり、そろそろどこかに怒られそうなパロディ、下ネタ多めなギャグ、モザイクの多さは前作よりさらにパワーアップ。ネットでは、「死ぬほど笑った」「前作より良かった!」「もう一回見たい」といった絶賛の声が多数見受けられる。

 しかし、映画レビューサイト「Yahoo!映画」では、評価が真っ二つ。8月22日の時点で2.98点(5点満点)を記録しているのだが、星5つが全体の33.9%である一方、星1つが全体の41.4%を占める結果に。星2~4つの評価が少数派となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >