2018/10/09 19:00

山崎賢人主演の実写版『キングダム』に不安の声 「日本でやったらスケール小さくなるんじゃ…」

 原泰久の人気マンガ『キングダム』(集英社)の実写映画版のキャスト・監督が10月9日に行われた製作発表会見で発表された。主人公・信役を演じるのは、人気俳優の山崎賢人。監督は『GANTZ』『BLEACH』の佐藤信介が務める。

 今回の会見では、他の主要キャストも明らかに。政役/漂役は吉沢亮、楊端和役は長澤まさみ、河了貂役は橋本環奈、成蟜役は本郷奏多、壁役は満島真之介、昌文君役は高嶋政宏、騰役は要潤、王騎役は大沢たかおが演じる。なお、メインキャラクターである羌瘣のキャストは明らかにされなかった。脚本はドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)や映画『累-かさね-』で知られる黒岩勉が担当。原作の原も脚本に参加し、納得がいく脚本を完成させたという。撮影は中国で敢行し、用意した撮影セットも「世界最大級」だという。

『キングダム』は今年4月、コミックス50巻が発売されたタイミングで実写映画化が明らかに。同作といえば、2016年に連載10周年を記念して、山崎が主演を務めた実写特別動画を公開しており、その時点から「キングダムの実写はキツイ」「また山崎賢人……」などといった否定的な声が上がっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >