2018/11/02 18:00

水樹奈々「嘆きの華」 物悲しい二胡と熱のこもった歌声の対比が美しくて琴線ふれまくり!

 しかし、サビに向かうにつれ歌声が次第に静かに熱を帯びていきます。熱のこもった歌声と物悲しい二胡との対比が美しく、お互いの魅力を引き立て合うサビが心の琴線にふれます。二胡やウィンドチャイムなど通常のバンド編成では取り入れることの少ない楽器を使い、多彩でアジアンテイストあふれる演出が印象的です。

 『軒轅剣 蒼き曜』の舞台である中国を意識しての演出でしょう。少女たちの交錯する切なくも堪え切れない恋心を描いた歌詞に胸を締めつけられます。ぜひ、じっくり歌詞を読み込みながら聴いていただきたい1曲です。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >