2019/01/15 12:00

『ベルセルク』の強い影響を受けたフィンランドのヘヴィメタルバンド・BEAST IN BLACK!バンドの中心人物“アントン・カバネン”が作品愛を語る

 ヘヴィ・メタルといえば、一般ピーポーから「怖い!」「うるさい!」「厳つい!」……なんて言われがちな音楽ジャンル。しかし、中にはキャッチーでメロディアスなメタルもあれば、壮大かつ劇的なメタルもあって、実はなかなか幅広かったりする。

 また、意外に思う人もいるかもしれないが、アニメやマンガ、ゲームなんかとの親和性が高いことも、一部ではよく知られているだろう。それに、メタル・ミュージシャンの多くが、見かけによらず(?)日本のアニメやマンガ、ゲームの大ファンで、少なからず影響を受けたりもしているのだ。

 そこで、日本のヲタ・カルチャーにハマりにハマっているミュージシャンにインタビューしちゃう新コーナーがここに始動! 深い偏愛とコダワリに満ち溢れた思いの丈をガッツリ語ってもらうことにしよう…!!

 記念すべき第1回は、フィンランドのバンド、BEAST IN BLACKを率いるアントン・カバネン(元BATTLE BEAST)が語る『ベルセルク』! BATTLE BEAST時代にも、『ベルセルク』をモチーフにした楽曲を多数発表してきたアントンに、その魅力について、熱く熱~く激白してもらった!!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >