2019/08/30 19:11

『NOBLE CATASTROPHE』(WIRBELWIND)リリースインタビュー!!メロディ主体のバトル・メタル!!

 ドイツ語のバンド名を冠したメロディック・デス・メタルの新生、WIRBELWINDがフルレングス・デビュー作をリリース! 『NOBLE CATASTROPHE』とタイトルされたこのアルバムには、劇的にして勇壮、アグレッシヴだがメロディックで、壮大なる暴虐サウンドが封じ込められている。実のところ、“メロデス”の器には収まりきらない彼等──その実像に迫るべく、RAKSHASAでも活躍するギタリストのKIKKA、そしてシンガーのKAZUにインタビューを行なった!!

──まずはバンド結成の経緯から教えてください。

KIKKA:自分は’15年にRAKSHASAという女性クリーン・ヴォーカルの和風メロディック・メタル・バンドの結成に加わり、翌年の夏にデビューしているんですけど、RAKSHASAの楽曲作りをしていく中で、自分の作曲の持ち味であるメロディックな面を、クリーン・ヴォーカルとはまた違った形で表現したい…という思いが持ち上がってきたんです。また、その時期にデス/ブラック系の楽曲にハマり出したのもあって、そういった新しいエッセンスを投入した楽曲作りをしたい…という欲求も沸き起こり、結果的に、自分を中心に新しいバンドを結成することとなりました。初期のメンバーは自分で集め、ヴォーカルはネット・オーディションにより公募したところ、KAZUが応募してきたんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >