2018/04/07 06:20

“第3次韓流ブーム”の中で、社会派ドラマ「シグナル」日本版に注がれる期待

 先日、韓国の女優チェ・ジウさんが電撃結婚したことが、日本のニュースでも多く取り上げられました。チェ・ジウさんといえば、2000年代初頭にドラマ「冬のソナタ」(2003~2005年)で日本中に韓流ブームを巻き起こした“ヨン様”ペ・ヨンジュンさんとともに、韓国の女優でまず最初に名前が挙げられる方です。

 そんなチェ・ジウさんが「涙の女王」「ジウ姫」と呼ばれた第1次韓流ブーム、そして、2010~2011年ごろの第2次韓流ブームを経て、再び昨年あたりから、10代を中心にK-POPアイドルグループ・twiceや防弾少年団がヒットし、また、東方神起のカムバックなどで第3次韓流ブームが到来し、韓流の“聖地”新大久保にも活気が戻ってきています。

 一方、こうしたK-POPの勢いには及ばないかもしれませんが、韓国ドラマもこれまでの根強いファン層に加えて、新たなファン層を獲得しています。韓国ドラマの価値についても、2016年上半期に韓国で放送され、高視聴率を記録した「太陽の末裔」は、対日輸出の料金が1話あたり約10万ドル超えという久しぶりの高値で取引され、以降も徐々に元気を取り戻している様子です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >