2019/08/21 16:00

日本で最初に『キャッツ』見たのは高田文夫とビートたけし?

高田文夫が明かすミュージカルにまつわる驚愕エピソードとは
高田文夫が明かすミュージカルにまつわる驚愕エピソードとは

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、高田氏がミュージカルに初めて触れたときのこと、36年前にニューヨークでビートたけしと一緒に『キャッツ』を観た思い出について語る。

 * * *
 普通に話していたのに、急に歌い出し踊り出す不思議な“ミュージカル”。最初に見たのはいつだったか。前にも少し書いたが“ワシントンハイツ”に住んでいたジャニー喜多川が、渋谷の少年達を集めて作った野球チームが“ジャニーズ”。我が“少年シャークス”は2戦して2敗。次の試合の日は雨。その時ジャニーが子供達を連れて見に行った映画が、公開されたばかりの『ウエスト・サイド物語』。

「これだ」とひらめいたジャニー。その時、仲間と森繁久彌、三木のり平の『社長漫遊記』を見に行っちゃったのが私。これがジャニーズと私の人生の分岐点。一週間後私もあわててジョージ・チャキリスを見に行きました。これがほとんどの日本人のミュージカル初体験。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >