2017/05/20 07:00

山田洋次監督 「日本と日本人は大きく変容してしまった」

一貫して「日本の家族」を描き続けてきた山田洋次監督
一貫して「日本の家族」を描き続けてきた山田洋次監督

 1961年に監督デビューして以来、山田洋次(85)は、一貫して「日本の家族」を描き続けてきた。

 監督作品85作目にあたる『家族はつらいよ2』(松竹系、5月27日公開)もまた、現代家族を描く喜劇だ。前作では、「熟年離婚」がテーマだったが、今回は「無縁社会」に焦点を当てる。

「何年も前から下流老人や無縁社会は大きな問題になっていたし、関心があった。僕の友人たちの中にもハッピーリタイアメントとはほど遠い、悲劇的人生をたどっている人は何人もいますしね」

 物語は、老いと死、家族を軸に動いていくが、これまでの山田作品と違わず、至る所にユーモラスな「くすぐり」がちりばめられている。

 ストーリーの端緒は、出演者のひとりである蒼井優から聞いた「銀杏を棺桶に入れた話」にヒントを得ている。銀杏を核にして結晶ができ始め、次第に物語が膨らんでいったのだという。

「年をとった人の葬式では、死者を送るという荘厳な場であっても、思わず吹き出すようなことも起こりうる。その死を巡って、家族が大騒ぎする様子を可笑しく描けないかな、と思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >