2017/05/21 16:00

写真家・沢渡朔氏が回想 秋吉久美子、手塚理美らの撮影秘話

手塚理美(当時19歳。『少女だった』1981年・小学館より)
手塚理美(当時19歳。『少女だった』1981年・小学館より)

 篠山紀信氏とともに日本の写真界を牽引しつづけてきた沢渡朔氏(77)。女性を美しく撮ることに心血を注いできた撮影哲学とは。半世紀を超える写真家人生を振り返る。

『少女アリス』出版の1973年には、まだデビューしたばかりの秋吉久美子のヌードを漫画誌『ビッグコミック』で撮影した。

「彼女には女優として生きていくという覚悟を感じましたね。突っ張っているところがすごく良かった。いわゆるモデルの女の子たちと違い、根性のある人だなと思いました」

 秋吉はその復刻版写真集を出版した昨年、本誌のインタビューに「最初ヌードになるとは聞いていなかった」と答えている。

「そうなんですか(笑い)。事務所の社長は脱がせると決めていたんじゃない? あの頃はだいたい現場の流れ次第で……みたいな感じがありましたね。だから、脱がせるテクニックを持った篠山紀信や立木義浩さんのような会話が上手な写真家が重宝されたんですよ」

 1975年には、ユニチカ2代目マスコットガールで当時14歳の手塚理美と出会い、その後、毎年シャッターを切り続けた。1980年には、大学のクラスメイトである篠山に誘われ、創刊したばかりの写真誌『写楽』に参加。手塚の10代最後の年には同誌でヌードを撮影し、写真集を出版した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >