2017/05/21 07:00

有森也実「妻としての母」を大切にしていた父への複雑な思い

映画『いぬむこいり』の演技が話題の有森也実
映画『いぬむこいり』の演技が話題の有森也実

 映画『いぬむこいり』での大胆な演技が話題の女優・有森也実(49才)。そんな彼女の母・久子さん(享年76)は2年前の1月に9年に及ぶがん闘病の末に亡くなった。そして、今年1月には父・正行さん(享年80)も肺がんで亡くなっている。

 相次いで両親を亡くした有森だが、30年にもわたって葛藤を抱えていた。というのも、父と母は離婚することなく別居生活を続けていたのだ。「夫婦は一緒に生活するもの」と当たり前のように思って生きてきた有森には、理解できるものではなかった。

 有森が生まれた1967年当時、正行さんと久子さんは横浜で暮していた。しかし、有森が女優として活躍するようになった1988年、正行さんの会社が倒産。正行さんはひとり故郷の佐賀に戻り、鹿島市にある「松岡神社」の宮司となった。一方、久子さんは娘の芸能活動をサポートしたいという思いもあり東京に残り、その後、夫婦は離婚することなく、東京と佐賀で離れて生活することとなったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >