2017/06/04 16:00

日曜劇場『小さな巨人』 面白さを支える11のこだわり

『小さな巨人』プロデューサーの伊與田英徳さん
『小さな巨人』プロデューサーの伊與田英徳さん

 警察組織内の対立、男同士の嫉妬などが描かれ、数ある刑事ドラマの中でも、異彩を放つ日曜劇場『小さな巨人』(TBS系、毎週日曜21時~)。ドラマでは、「私の勘だ!」というセリフがたびたび登場するが、制作側はそれとは真逆で、計算し尽くされた演出と徹底取材により、面白さを追求していた。

「さまざまなドラマを手掛ける中で、警察関係者と出会い、“いつか警察内部の人間関係を詳しく描きたい”と思ったのが企画の出発点でした」

 そう語るのはプロデューサーの伊與田(いよだ)英徳さんだ。7話までの平均視聴率は13%を超え、注目度は日増しに上昇中。その背景には徹底した取材がある。

「フィクションではあるけれど、警察関係者が見ても、“あるある”と共感してもらえるようなものにしたかった。現役の警察官や、彼らと接触する現場の報道記者たちにもヒアリングして演出に役立てています」

 5月21日から放送が始まった「豊洲署編」では、「国が持てあましたゴミの埋め立て地を10億で取得」した早明学園が舞台。今、社会問題化している森友学園問題を彷彿とさせるが…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >